テスラ最新情報

地球環境を守り、人類の宇宙時代を切り開くイーロン・マスク率いるテスラ(モーターズ)の最新動向を配信します。

ガソリン車「日産GT−R」 VS 電気自動車「テスラ モデルS」 ドラッグレース対決

『日産 GT−R』のスペックは、562馬力の3.8L V6ツインターボエンジンを搭載。最高時速は約315km(196mph)、価格は約1140万円(7万9995ポンド)となっている。

 

一方、『テスラ モデルS』のスペックは、762馬力のツインエレクトリックモーターを搭載。最高時速は約248km(155mph)、価格は約1270万円(8万9435ポンド)と、最高速は『日産 GT−R』より劣るが、最高出力は200馬力も上回るかたちだ。

 

果たして勝つのはどちらか?・・・

 

↓記事全文はこちら。

 

rocketnews24.com

 

 

テスラEVの死亡事故、警告メッセージが複数回表示

昨年5月に米フロリダ州で米電気自動車(EV)大手テスラ・モーターズ(TSLA.O)のEVが運転支援ソフト「オートパイロット」を使用中に事故を起こし、ドライバーが死亡した問題で、米運輸安全委員会(NTSB)は19日、ドライバーは自動警報が繰り返されたにもかかわらず、しばらくの間、ハンドル操作をしていなかったと発表・・・』

 

jp.reuters.com

 

米テスラが中国・上海市に電気自動車(EV)の巨大工場を建設する方向で最終調整

イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は昨年、エコカーの世界最大市場である中国に巨大工場を建設する方針を表明しており「2017年末までに計画を固める」としていた。候補地は江蘇省広東省も有力とされていた。テスラは18年に年産50万台の計画を掲げ、中国での量産はその前提となっている・・・』

 

www.nikkei.com

攻殻機動隊の世界が現実に!?

『起業家、イーロン・マスクが参画するそのスタートアップが目指すのは、脳とコンピューターを直接接続する技術を実現することだ。実写映画化が話題となっている『攻殻機動隊』が描いた世界が(一部にせよ)実現する日は、どうやら数年先に迫っている。』

 

wired.jp